2010.03.04 Thursday

鍼灸の国際交流

0
     世界が鍼灸に注目
     
    元をたどれば中国、以来数千年の歴史があるといわれる鍼灸。その鍼灸が日本に伝えられたのは、
    紀元5〜6世紀頃といわれています。
    中国から朝鮮経て日本へ‥。これこそ、シルクロードならぬ”鍼灸ロード”と呼んでも過言ではないかもしれません。
    仏教とともに中国から渡来した鍼灸は、日本最古の医事法制度「医疾令」中でも鍼師、鍼博士、鍼生といった記述で記録に名をとどめています。
    その後、江戸時代から明治、大正、昭和、平成‥。近年、鍼麻酔が注目されると同時に鍼灸の医療
    技術は世界中に広がり、中国や日本のみならず今や世界各国で盛んに行われています。
    昭和40年に第1回国際鍼灸学会が日本で初めて開催されて以来、国際鍼灸学会において今日、
    全世界50ヵ国以上が参加する盛況ぶりです。鍼灸はインターナショナルな施術として、
    全世界に認められています。