「手当て」の言葉の由来

月々の「手当て」は報酬?はたまた治療法? 
「手」という文字が付く言葉は、いわゆる”身体的な一部分”の意味以外に日常の生活を含め、
ありとあらゆる場にあふれています。
「手当て」という言葉を聞いた場合、私たちは何を思い浮かべるでしょう?
報酬=お手当とお考えの方もいるでしょうが、今回お知らせしたいのは医療や治療を意味する
「手当て」のこと。某百科事典に書いてありました。「‥キリスト教徒をこのような地域に伝え
広めるためには、イエスの手の奇跡も大きく宣伝する必要があったかもしれない。<手当て>
という言葉に残っているように、患部に手をあてがっての疼痛を鎮める方法は心理効果もあって、
現在も薬に頼らない有効な手段とされている‥」と。
生活においても、医療においても”手助け”してくれるのに欠かせないのは「手」なのですね。


お問い合わせ・ご予約

カテゴリ一覧

最新の記事

アーカイブ

リンク

プロフィール

search this site.

others

mobile

qrcode